審査に通りやすい、甘いクレジットカード5選

最終更新日:

専業主婦、フリーター、アルバイトの方でも発行できて審査に通りやすいクレジットカードのはずなのに、審査に落ちる理由はなんでしょうか?

その答えは簡単です、あなたの選んだクレジットカードが審査基準と合っていないからです。

クレジットカードの審査基準は、カード会社によって異なっているため「誰をターゲットにしているか?」という点を大事にしながらクレジットカードを選ぶことが非常に大切です。審査が甘い理由をちゃんと理解できないまま「審査に落ちた」「審査に通らない」と嘆いていても何も改善しません。それどころか審査に落ちまくってしまったという結果が、いつの間にかあなた自身の首をしめる結果になっているかもしれません。

本記事で紹介するクレジットカードは、ターゲット層がわかりやすく幅広いユーザーにとって審査に通りやすいおすすめのクレジットカードです。あなたに合ったクレジットカードを選んでみてください。

セディナカード Jiyu!da!

主婦 旅行 ショッピング
セディナカード Jiyu!da!

支払いは、好きな時に好きなだけ!毎月の支払額を自由に決められる超おすすめクレジットカード!

主婦や若年層をターゲットにしている可能性が高いので、主婦や20代の方に審査が通りやすいクレジットカードといえるでしょう。

カード名称セディナカード Jiyu!da!
年会費(初年度)無料
ショッピング保険(年間補償額)50万円
申し込み資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方

人気No.1の年会費無料カードです。毎月の支払額・支払い方法が自由に決められ、5,000円以上の支払いであれば支払額を自由に設定できます。余裕がある時は「よゆう払い」で追加返済も可能です。翌月から返済額を増額したい場合も1,000円単位で変更が可能です。

審査が甘いカードとして人気がある理由は、定期的に新規申し込みキャンペーンを打っているカードなため「ユーザー獲得に力を入れている」のと、申込時にキャッシングを0円設定にしてチャンスを広げて審査に通りやすくしてる方が多いようです。審査難易度も甘いので、若者や主婦の方におすすめしたい人気クレジットカードになっています。

  • 年会費無料
  • 毎月の支払額/支払い方法が自由に決められる!余裕があるときにはいつでも好きな金額をお支払いできます。
  • 全国のセブンイレブン、イオン、ダイエーで最大1.5%ポイント還元
キャンペーン中

セディナカード

主婦 若年層・学生 旅行 ショッピング
セディナカード

年会費永年無料!入会後3ヶ月はポイント3倍、ETC・海外利用でポイント1.5倍!

幅広いターゲット層に対応しているクレジットカードなので、どんなタイプの方でも審査に通りやすいクレジットカードといえます。

カード名称セディナカード
年会費(初年度)無料
ショッピング保険(年間補償額)50万円
申し込み資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方

セディナ(Cedyna)のスタンダードカード「セディナカード」は、年会費永年無料なのにポイントが貯まりやすいのが特徴です!毎月のカードショッピング利用合計金額に応じて、海外旅行・国内宿泊が当たるチャンスや、パッケージツアーの基本旅行代金が3~8%OFFに!

年間合計利用額に応じて、翌年の基本ポイントがアップします(最大1.3倍)!ショッピング保険やネットセキュリティサービスも充実していて、審査難易度も甘めの超おすすめクレジットカードです!

  • 年会費無料
  • 全国のセブンイレブンで最大1.5%ポイント還元
  • ショッピング保険/ネットセキュリティサービスも充実
  • パッケージツアーの基本旅行代金が3~8%OFF
  • 毎月抽選で海外旅行/国内宿泊が当たる

楽天カード

主婦 若年層・学生 旅行 ショッピング
楽天カード

年会費永年無料!ポイント還元率1%、楽天市場で常に2%以上のポイント還元!

入会キャンペーンのお得さに合わせて、年会費永年無料、海外旅行傷害保険など幅広くユーザーをターゲットにしていますので、楽天市場などネットショッピングをよく利用する方にとって「審査に通りやすいカード」となるでしょう。

カード名称楽天カード
年会費(初年度)無料
ショッピング保険(年間補償額)-
申し込み資格18歳以上で日本在住の方

楽天市場で常に2%以上のポイント還元が受けられる楽天グループのクレジットカードです。クレジットカード利用者向けのさまざまなキャンペーンが実施されているので、入会特典「楽天スーパーポイント」などにより入会時に大量ポイントを受け取れることができます。

キャンペーン開催時などはポイント最大12倍になることもあり、とりあえず申込してキャンペーンに参加する方も多いようです。年会費永年無料ながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯もありますので、普段使い用としても優秀なクレジットカード、今年も人気ナンバーワンの1枚です。

  • 年会費無料
  • 最短即日発行で、専業主婦や学生でも手に入れやすい!
  • 永久不滅ポイントが貯まる!

セゾンカードインターナショナル

主婦 若年層・学生 ショッピング
セゾンカードインターナショナル

会員2,800万人超を誇る、年会費無料・最短即日発行・永久不滅ポイントのクレディセゾンの定番カード!

セゾンカードインターナショナルは、18歳以上であれば申込みができるので、学生・若年層をターゲットにしたクレジットカードです。年会費無料で、発行スピードも速いので学生さんに最適なクレジットカードです。また、ショッピングでもキャッシングでも使いやすく「SEIYU」などセゾン系列でお買い物をする主婦もターゲットとなります。

学生~主婦まで幅広いターゲットで審査に通りやすいクレジットカードとして、おすすめの1枚です。

カード名称セゾンカードインターナショナル
年会費(初年度)無料
ショッピング保険(年間補償額)-
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)

ショッピングはもちろん、キャッシングにも頼れるこの1枚!年会費無料・最短即日発行・永久不滅ポイントだから、多くの人が支持する定番クレジットカードです。

オンライン・プロテクション等の付帯サービス、年会費無料で主婦層でも手に入れられるクレジットカードになっており、全国にある「セゾンカウンター」を使えば困ったときも相談しやすい主婦に嬉しいクレジットカードです。

  • 年会費無料
  • 最短即日発行で、専業主婦や学生でも手に入れやすい!
  • 永久不滅ポイントが貯まる!

イオンカード

主婦 ショッピング
イオンカード

年会費無料!イオン各店舗で特定日に5%OFFやポイント2倍になるおトクなクレジットカード!

イオン系列のお店でお得に利用できるクレジットカードなので、とくに主婦の方が審査に通りやすいクレジットカードといえるでしょう。おすすめの1枚です。

カード名称イオンカード
年会費(初年度)無料
ショッピング保険(年間補償額)50万円
申し込み資格18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方

イオングループ系列店でのお買い物がお得になる年会費無料のクレジットカードです。毎月10日は、イオンカードでお買い物をすればイオングループの店舗でなくてもポイント2倍になります。買い物をする機会の多い方には、非常にありがたいクレジットカードです。

電子マネー「WAONカードプラス(発行手数料 300円)とイオンカードとの組み合わせで、WAON利用時に200円ごとに「WAONポイント」が1ポイントがもらえます。割引や特典が多く、イオンでよく買い物するならとても便利なクレジットカードです。

  • 年会費無料
  • 毎月20日、30日はお買い物金額が5%OFF!
  • 毎月10日は「ときめきWポイントデー」ポイント2倍!

審査に通るために知っておくこと

クレジットカード入会審査の仕組み

クレジットカードの審査基準は、各発行カード会社の「独自基準」によって総合的に判断されています。総合的というのは、申込書の内容(氏名・住所・職業など)のほか、個人信用情報機関に登録されている情報になります。

最近よく見かける「即日発行」といった審査結果が早いスピード審査は、自動審査という仕組みによって成り立っています。

自動審査では、スコアリングと呼ばれるシステムによってスコアを算出し「総合点」を算出します。その点数が各カード会社が定める基準に達していないと、自動的に審査落ちとなります。

スコアリングを意識する

また、信用情報機関への照会も自動的に行われ、あなたの金融事故情報(延滞や自己破産情報など)が登録されていないかを調べられます。

信用情報機関の存在

スコアリングを意識する

クレジットカード審査には、スコアリングと呼ばれるシステムが採用されています。

基本的には加算方式といわれているので、「空白=0点」にならないために必須以外の項目もできる限り記入しましょう。項目欄が設けられている時点で「クレジット会社が審査に必要な事項」と解釈するべきです。

スコアリングの点数が低くても審査に通る可能性はありますが、その情報は非公開のため誰にも真実は分かりません。

スコアリングについては、下記に詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

信用情報機関の存在

あなたがクレジットカードに入会申し込みをすると、カード会社はかならずこの信用情報機関に照会をします。入会申込書にあなたの基本的な個人情報が記載されていますが、カード会社がもっとも知りたい情報は「あなたがどのような人なのか」です。

過去に延滞経験があったりする人にクレジットカードを発行してもカード会社はメリットがありません。そういった判断をできるかぎり正確にスピーディに把握するため信用情報機関が存在しています。

クレジットカード審査に通りやすい人とは、その信用情報に問題がないためといえるでしょう。

「信用情報機関」についてもっと詳しく知りたい方は、下記にまとめていますので参考にしてください。

ブラックリスト(事故情報)に載らないように

クレジットカード審査に通るために1番大切なのは「信用」です。つまり、あなたに返済能力があるかどうかが最も重要になっています。近年では携帯電話の口座引き落としに設定している人も多いですね。そこで延滞をした経験があるとすれば、クレジットカード審査にも影響を及ぼしかねません。「クレジットカードを一度も所持したことがない」人でも、過去にこうした延滞経験がある場合はとても審査に不利になりますので、普段から信用を損ねるようなライフスタイルは避けるようにしましょう。

ブラックリスト(事故情報)について詳しく知りたい方は、下記を参考にしてみてください。

クレジットヒストリー(クレヒス)を積もう

クレジットカード審査基準はカード会社それぞれありますが、信用を確認するのに一番わかりやすい指標がクレジットヒストリー(クレヒス)です。

クレヒスは、履歴書だと考えましょう。あなたの事を知らない人があなたを知るためには何かしらの情報が必要です。もちろんマイナス査定になるような履歴は避けるべきですが、情報が何もないのも相手にとっては判断できないですね。

審査に通りやすくなる方法として、一番確実な手段といえるでしょう。

セディナカードの審査は独自システム「IBIS」

IBIS(アイビス)は、他社とは異なった審査基準を持っている独自審査システムです。

IBIS(アイビス)の審査は、支払いの安定性よりも「セディナカードをよく使ってくれるかどうか」を重視しています。逆にいうと、他社で「支払い能力あり」と判断された人でも、IBIS(アイビス)が「この人はクレジットカードを使わない」と判断した場合、審査に落ちることがあるということになります。

クレジットカード入会審査に通りやすい人とは?

クレジットカードの入会審査では、3Cがとても重要だと言われています。クレジットカードの入会審査は機械による自動化が主流となっており、3Cと呼ばれる審査項目が良い人を可決対象としています。

3Cとは?

ネット申込みが主流で審査結果が早い「年会費無料系のクレジット会社」は、3Cの大部分をスコアリングシステムによって判断しています。クレジットカード入会審査が厳しいと思うのではなく、カード会社の理想の顧客像を理解すれば良い結果に繋がるというわけです。

こういうケースがあったとしましょう。※あくまで例え話です。

上場企業に20年勤続しています。年収は600万程度、男性、独身です。クレジットカードは他社含め3枚持っています。これでイオンカードの審査に通りませんでした。

一見問題なく審査に通りそうです。何が審査に落ちる原因となったのでしょうか。

この方がクレジットカード入会申込みをした時、イオンカードが求めた顧客像はイオンモールを頻繁に利用してほしかったので「ポイント2倍、6,000ポイントプレゼント」といった特典を付与することで、イオンモールユーザーの獲得を狙っていました。それはつまり、誰に利用してもらいたいのか?と考えると「主婦」のようなユーザーとなります。

すでに3枚のクレジットカードを所持している人だったので、イオンカードをサブカードとして扱われる可能性があり、イオンモールの利用頻度も少ないのであれば、イオンカード目線で見れば「優良顧客ではない」と判断された可能性がみえてきますね。

ここがポイント


クレジットカードの申込みには20~30程度の質問がありますが、できる限り情報を記入するようにしましょう。

そもそもクレジットカードというのは、カード会社とあなたとの信用の上で成り立っていることを忘れてはいけません。なので、申込書の記入ミスや虚偽は審査でとてもスコアを下げる要因となります。

一度審査に落ちると、他のクレジットカードに申し込んでも審査に通過するのは難しいものです。クレジットカード審査に通りやすくなるには事前対策を立てることが大切です。


  • カード会社の理想の顧客像を理解すること
  • 記入可能な項目はすべて記入すること
  • 短期間に複数のクレジットカードに申込をしないこと
  • 虚偽申告はしない

クレジットカード審査に大切な「3C」とは?

クレジットカード審査において、Character(本人の性格) が最も重視されるといわれています。

審査基準というものはカード会社によって違いはありますが、Character(本人の性格)に関しては同じ価値観で判断されるであろうと考えるべきです。その理由として、クレジットカードというものは「代金後払い」が一般的であるため、利用者からの返済が滞られるとカード会社は貸倒れのリスクを伴うからです。

そのため、カード会社は貸倒れリスクを回避するために、「返済を必ず行ってもらえる申込者」を獲得したいと考えています。

審査に通りやすいキャラクター像をイメージできるよう、しっかり3Cを理解しておきましょう。

3Cについて、もっと詳しく知りたい方は下記を参考にしてください。

審査に通りやすいターゲット層を見極める

クレジットカードのサービス内容をしっかり確認しましょう。カード会社は、販売促進のため多くのカードホルダーを獲得したいと考えています。

例えば、流通系クレジットカードの発行目的の多くは、返済能力に多少の不安があっても多くのクレジットカードを発行することで「顧客拡大につながる」と考えていることから審査に通りやすいと言われています。こうした場合では、主婦や学生などの若年層をターゲットしていることが多く、そういったユーザーには発行されやすい傾向になります。逆に「理想の顧客像」から外れたユーザーは、審査に通らないケースに当てはまってしまう人もいるということです。

カード会社側からの視点で考えていくと、下記のようなイメージが浮かんできます。

  • 社会人層:旅行に利用するだろう
  • 主婦層:スーパーなどをよく利用するだろう
  • 学生層:毎月の生活や学費に利用するだろう
  • 若年層:ネットショッピングをよく利用するだろう

といった感じでターゲットを絞っていると想定しましょう。このとき、あなたが学生層だった場合に社会人層をターゲットにしたクレジットカードに申し込んだら、カード会社はどう判断するでしょうか。

あなた自身が「どのターゲットに属しているか」を見極めましょう。それが、審査に通る最大のポイントです!

申し込みをする前に

審査に落ちる理由は「審査基準に合っていない」ことですが、それ以前の原因で審査に落ちている人が結構いるのも事実です。少しでも審査に通過する確率をあげるために、まずは下記項目に問題がないかチェックしてみてください。

申込み条件を満たしていますか?

クレジットカードにはかならず「申込み条件」があります。
つまり、対象者を制限しているということです。

申込条件として、

  • 満18歳以上
  • 女性限定
  • 学生限定
  • シニア限定

といった属性や性別を限定している場合がほとんどです。

本人確認できる状態ですか?

本人確認はクレジットカード審査で必ず行われます、例外はありません。
申込時に申告した氏名・住所・生年月日が、提出した本人確認書類の内容と一致しているか確認されます。

よくある失敗例では、引越しによって現住所と住民票の住所が異なる場合です。そういう場合は、本人確認書類だけでなく「補完書類」といわれる公共料金の領収書などの提出が必要になります。

申込み内容に不備はありませんか?

審査に落ちる一番多い凡ミスはこれです。
クレジットカード申込方法には、「オンライン申し込み」や「郵送」などがありますが、どちらも「必要事項を記載」と明記されています。提出した申込内容に誤りがあった時点で、カード会社からすれば正しい情報を確認できないと審査がストップしてしまいます。

よくあるケースが、メールアドレス・電話番号などの連絡先の誤表記や無記入です。こうなると、カード会社が確認する手段がなくなるので審査に落ちる可能性が高くなるというわけです。

上記理由などから、カード会社から情報確認をするために連絡がくる場合があります。その連絡を無視した場合も審査は通りませんので注意しましょう。万が一、電話にでれなかったときはかならず折り返しましょう。

また、文字が汚くて読めない場合も審査に落ちる理由となり得ますので、丁寧に書くと良いでしょう。申込書に空欄が多いのも審査に落ちる大きな要因になります。

在籍確認はできますか?

申込みの際に申告した勤務先に在籍確認をする場合があります。在籍確認の対象となった場合、連絡先が間違っていたり、虚偽申告などが原因で在籍確認ができないと審査に通ることはできませんので注意しましょう。

提出書類に誤りはありませんか?

本人確認書類とは別に、場合によっては収入証明書類などの提出を求められるケースがあります。学生の場合だと「学生証」、個人事業主だと「事業計画書」などの書類提出を求められる場合があることを覚えておきましょう。

カード会社が発行枚数を制限していませんか?

申込みの時期や状況によって、カード会社自体が発行枚数を制限している場合があります。

上位カードと呼ばれるゴールド・プラチナカードによくある話ですが、社内戦略によって「とにかく会員数を増やしたい」場合と「ターゲットを絞って利用数を伸ばそう」ということがあります。積極的に会員数を伸ばしたいときは、当然審査が甘くなる傾向になり、ターゲットを絞る場合は、審査がより厳密になるということになります。

信用情報に傷はありませんか?

よく言われる「ブラックリストに載っている」かどうかですね。
信用情報とは、クレジットカードヒストリー(クレヒス)と呼ばれるもので、支払状況によってあなたの信用力となるものです。信用情報機関といわれるCIC(シー・アイ・シー)や全国銀行個人信用情報センターでは、クレジットカードだけではなく、キャッシング・住宅ローン・銀行取引などあらゆる取引管理が行われていてカード会社にも共有されています。

スマホや携帯電話の分割払いもこれに該当するので、延滞などしているとクレジットカード審査に影響がありますので、結果的に審査に通りにくくなると言われています。

多くの借入をしていませんか?

支払いや返済をしっかりしていても、借入が一般的な金額より大幅に超えている場合、クレジットカードの審査に落ちることがあります。

例えば、キャッシング・住宅ローン・自動車ローンなどによって借入が通常よりも多いと判断された場合、カード会社側からみれば不安要素となりますので警戒されます。こういった借入状況も、申込段階で信用情報機関に照会されるため、審査に通らない原因となることを覚えておきましょう。

複数クレジットカードに申込みしていませんか?

近年、クレジットカードによる犯罪・悪用が増加しています。たとえ問題がなかったとしても、カード会社からすれば警戒される要因となるので、できる限りクレジットカードは1枚に絞ることをおすすめします。

カード会社は、金融事故を防ぐことで「信用」を保つため、一度審査に落ちた人には審査に厳しくなります。

ここで勘違いしてはいけないのは、クレジットカードは複数持つことが可能です。クレジットカード毎に実績を積んで、次のクレジットカードを申込むことがとても大事ということです。

もしどれか1つでも思い当たるようでしたら、申し込む前にかならず見直し改善しましょう。

審査に通りやすいカードまとめ

審査に通りやすいクレジットカードは、クレジットカード会社が求める「ターゲット層」にあなた自身が適しているかが大切です。そのためには、しっかり審査のことを知り、手当たり次第に申し込むのではなく自信をもって申し込める1枚を見つけましょう。クレジットカードとは、カード会社とあなたとの信用力によって成り立っていることを忘れてはいけません。この機会に、あなたに合った審査に通りやすいクレジットカードをご検討ください。