信用情報機関について

最終更新日:

クレジットカード審査と「信用情報機関」は切っても切れない存在です。

その理由は至ってシンプルです。あなたがクレジットカードに入会申込をするとしましょう。そうすると、クレジットカード会社は「あなたはどんな人なのか」を知る必要があります。入会申込書に基本的な個人情報を記入しますが、クレジットカード会社が1番知りたいのは信用できる人かどうかです。それを知るために「信用情報機関」というものがあります。ここではその信用情報機関について、詳しくご紹介したいと思います。

信用情報機関について

個人信用情報機関とは、言葉のままになってしまいますが「個人の信用情報」を保有する機関です。それでは、信用情報とはなんでしょうか?

信用情報とは、クレジットカードやローンに関する契約情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人情報のことを指します。噛み砕いた言い方をするならば、「契約者(申込者)に支払能力があるかどうか」を判断するための情報ということです。

カード会社によって、この個人信用情報機関に複数登録しているケースもあれば、そうでない場合もあります。日本には現在、信用情報機関が3つあります。

主な信用情報機関

CIC(株式会社シー・アイ・シー:CREDIT INFORMATION CENTER)
すべてのクレジットカード会社(銀行系・信販系・流通系・消費者金融系・メーカー系など)、リース会社、消費者金融会社、携帯電話会社などが加盟しています。
JICC(株式会社日本信用情報機構)
クレジットカード会社(銀行系・信販系・流通系・メーカー系)、信販会社、消費者金融会社、金融機関、保証会社、リース会社などが加盟しています。
KSC(全国銀行個人信用情報センター)
クレジットカード会社(独立系)、銀行、信販会社、信用金庫などが加盟しています。

この3つの団体に加盟する業者は、債務者に関する情報を交換する交流ネットワーク「FINE」「CRIN」の2種類のシステムによって、お互いに情報交換を行っています。

例えばあなたが銀行ローンや自動車ローンなどの返済に問題が発生すると、その情報はすべての信用情報機関に共有されます。

信用情報機関に登録される情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • クレジット利用状況(借入金額・借入残金・入金返済状況など)
  • クレジット申込み情報(どの金融機関に申込みをしたか)
  • 利用記録

信用情報はいつまで記録されるのか

事故情報として「異動」と表記されるのは、延滞を行ってから5年です。JBA(全国銀行個人情報センター)では、自己破産履歴が10年残ります。

クレジットカード会社は、法律によって信用情報機関を照会し申込者の信用力を調査することが義務付けられています。特に、CICに事故情報が記録されていると審査に相当影響してしまうので、延滞をしないことが大切です。

ここがポイント


カード申込みをすると、個人信用情報機関に「申込みしたこと」が登録されます。カード会社は、審査時に必ず申込者の信用情報を照会するので、複数のカード申込みも簡単に把握することができます。

カード審査に落ちたとしても、個人信用情報機関に「審査に落ちた」という情報を記録されることはありません。しかし、審査に通過すると成約情報が登録されます。ということは結果的に、申込み情報しか記録されていなければ審査に落ちていることが簡単に判明できてしまいますね。

カード会社が照会したとき「警戒」されるような情報があると、審査に通りにくくなる可能性があります。 申込み情報は6ヶ月過ぎると消えるので、確実にカードを作りたい人はあまり申込み情報が残っていない状態になってから申し込むことをオススメします。