家族カードのメリット・デメリット

最終更新日:

家族カードとは、「家族会員カード」や「ファミリーカード」とも呼ばれ、クレジットカード契約者である本人会員の家族に対して発行できるクレジットカードのことを言います。

一般的に本人会員と生計を共にする配偶者や18歳以上(高校生を除く)の子供、両親に対して発行することができます。収入のない専業主婦や学生でクレジットカードの発行が難しい場合でも、本人会員の信用によってカードを発行できる特長があります。

追加カードとはいえ、サービス内容は本人会員とほぼ一緒なだけではなく、年会費も安く、その多くは無料の場合が多く、限度額を共有するため利用実態を把握しやすいという利点があります。また、付帯保険やポイント優遇サービスなども同等につくことが多いので、とてもお得なクレジットカードサービスなのです。

家族カードとは

クレジットカードによって多少の差はありますが、一般的には本人会員のクレジットカードと同じサービスを利用できる家族用のクレジットカードです。

押さえておきたいポイントは下記のとおりです。

  • 本人会員とほぼ同じサービスが受けられる
  • 請求は本人会員の口座から一括引落とし
  • 家族でポイントをまとめられる
  • 対象は、生計を共にする18歳以上(高校生を除く)の家族の方

※一般的な例で、すべての家族カードに適用されるわけではありません。必ず該当カードの公式サイトをご確認ください。

家族カードの加入条件

ほとんどのクレジットカード会社では、生計を共にしている配偶者、親または子であれば家族カードを申し込むことができます。ただし「高校生を除く18歳以上」という場合がほとんどです。

カードによっては、兄弟でも問題ないクレジットカード会社もありますので、各公式サイトでご確認ください。

家族カードの発行期間

カード会社によって多少の違いはありますが、一般的には2~3週間程度で発行されます。

家族カードの審査は通りやすい

家族カードでも審査はあります。
ですが、新規申し込み(本人会員申込)とは違い、基本的には本人会員の信用情報を参考に発行されるため、収入がなかったり、個人信用情報機関に登録されている信用情報に傷がついていたとしても「審査に通りやすい」と言われています。新規申し込みで何度も審査に落ちたり、なかなか審査に通らないと悩んでいる方は、こういった方法も模索してみると良いかもしれませんね。

家族カードをつくるメリットとは

前述のように、家族カードは本人会員に紐づいた発行になるため家族会員の信用情報はそれほど重視されません。そして近年のクレジットカードは年会費無料の場合が多く、付帯保険も本人会員と同様であったりと様々な面でメリットになります。

年会費

クレジットカード会社によって差はありますが、一般的に本人会員の年会費は無料~5千円程度です。それに対して、家族カードの年会費は無料のものが多くなっています。効果的に利用すれば、家族全員が本人会員としてクレジットカードを持つよりも家族カードを利用したほうが、年会費を安く抑えることができますね。

ポイントが貯まりやすい

「ポイントが貯まりにくい…」「期限が切れてしまった…」といった苦い経験をもつ人も多いかと思います。

家族カードでは、家族会員の利用額は本人会員の利用額に加算されるため、ポイントも同様に、家族全員のクレジットカードポイントを親カードに集約します。結果的に1人でクレジットカードを利用するよりも多くのポイントが貯められますね!

本人会員と同じステータスが付帯

一番のメリットはやはりこれでしょう。家族カードでも本人会員と同等のステータス(保険・特典など)が付帯されることがほとんどなので、旅行付帯保険がついているクレジットカードなら安心して旅行に行けます。

他にも、「ゴールドカード」「プラチナカード」など年会費やステータスが高いクレジットカードは、会員になるためには難しい条件をクリアする必要があります。家族カードがあれば、家族も本人会員と同じステータスのクレジットカードを持つことができるので、各種特典や優待サービスを受けることができるのは嬉しいですね。

家族カードのデメリットと注意点

家族カードは効率良く使えばとても便利ですが、メリットだけではありません。本人会員に紐づいたカードなので、ひとつ間違えた使い方をすれば本人会員に迷惑がかかることを忘れてはいけません。

他にも気をつけたい点は下記になります。

条件を確認すること

家族カードは、すべてのクレジットカードで取り扱われているわけではありません。必ず、公式サイトでご利用のクレジットカードが家族カードを取り扱っているかを確認するようにしましょう。

利用明細書は同じ

家族カードは、毎月の請求を一括して本人会員宛てに届きますので、誰がいつ何を購入したのかが容易にわかります。支出を一元管理できるメリットはありますが、その反面プライバシーはなくなりますので利用の際は注意しましょう。

利用限度額は共有される

家族カードでは本人会員の利用限度額と共有することになります。

例えばですが、限度額の低いクレジットカードで家族カードを発行している場合、高額なものを誰かが購入してしまうと本人会員も家族会員もカード利用限度額に達してしまうことで利用できなくなる可能性がでてきます。

利用する前には必ず本人会員に確認をし、使い過ぎにならないようルールを決めることが大切です。

クレジットヒストリー(クレヒス)が育たない

クレヒスはクレジットカード審査において、とても大切な項目です。

家族カードでは本人会員に利用履歴が積み重なっていくため、家族カード利用者自身にはクレヒスが残りません。つまり将来自分のクレジットカードを持ちたいと考えている方は、できるだけ自分のクレジットカードを所持したほうが良いです。

クレヒスについて詳しく知りたい方は、下記ページを参考にしてみてください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
家族カードは利用方法をかならず家族で話し合わないといけませんが、利便性はとても良くメリットがたくさんあります。家計管理のしやすさなど、家族旅行など家族みんなで行う機会にとても便利なのが家族カードです。

審査に通りにくい人や審査に落ちて困っている人は、この機会に「家族カード」に興味をもってみるとハッピーになれるかもしれません。