クレジットカードを安全に利用するには?

最終更新日:

クレジットカードの不正使用や個人情報漏洩といった被害が増えています。その背景には、インターネット利用者が年々増加しているためネットショッピングなどオンライン決済をする機会が多くなっていることが要因と考えられます。インターネット以外でも、ちょっとした気の緩みで盗難にあったり、精巧に考えられた悪質な詐欺行為によって個人情報が盗み取られたりします。

こうしたクレジットカード被害に合わないようにするには、一人一人が事前に正しい知識を理解して、注意力を高めておくことが大切です。本記事では、こうした被害に遭わないための「個人で防げる安全対策」をまとめましたのでご紹介いたします。

インターネット利用時に注意すること

フィッシングメール

フィッシングメールとは、実在している企業やクレジットカード会社を装った嘘の電子メールを送り、個人情報を盗み取ろうとする行為をいいます。

フィッシングメール

メール件名に「重要なお知らせ」や「個人情報漏洩の確認」など、あたかも本物のようなメールが届きます。そして、メール本文に貼られたリンクから偽サイト(フィッシングサイト)に誘導、サイト上で個人情報を入力させる手口です。実際にクレジットカード会社などからカード番号や暗証番号を尋ねることはありません

怪しいと感じる電子メールを受信した場合は、何も入力せず削除しましょう。また、こういう事例はパソコンだけでなくスマートフォンや携帯電話にも送られてくることもありますので十分にご注意ください。

なりすましサイト

なりすましサイトとは、実在するサイトのデザインを本物そっくりに模倣することで、あたかも当該サイトであるかのように誤認させるサイトを指します。

なりすましサイト

利用していたサイトが「なりすましサイト」だとは気付かず、個人情報やカード番号を入力し代金をだまし取られる被害が発生しています。

一番確実なのはサイトURLをチェックすることです。

  • 本当に購入を希望している販売元のサイトなのか
  • 日本語の表現が不自然ではないか

をしっかり確認して、不審と思われるサイトには個人情報を入力しないように注意しましょう。

スパイウェア

スパイウェアとは、ウイルスのようにパソコンに侵入して入力・保存された個人情報を第三者に自動的に送信されるソフトのことをいいます。

スパイウェア

こうして不正に取得された個人情報は第三者に悪用され、クレジットカードが不正使用されたり、銀行口座から預金を引き出されたりする被害が発生しています。

スパイウェアは、怪しいソフトをインストールしたり、悪質なサイトからのメール添付ファイルなどから侵入することが多いので、身に覚えのないメールは開かずに削除してください。

お子さまのオンラインゲームのトラブル

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、インターネット上でオンラインゲームを利用するお子さまが年々増えています。

お子さまのオンラインゲームのトラブル

親のIDやカード情報が登録されているスマートフォンで、子どもがゲームをしているうちに「有料コンテンツを利用してしまった」というケースもあります。その他にも、クレジットカード会社から身に覚えのない請求が届いた後で、子どもがクレジットカードでオンラインゲームのアイテムを購入していたことが判明したといったケースもあります。

スパイウェアは、怪しいソフトをインストールしたり、悪質なサイトからのメール添付ファイルなどから侵入することが多いので、身に覚えのないメールは開かずに削除してください。

クレジットカード被害の手口

普段から貴重品をしっかり管理しているつもりでも、ふとした瞬間に被害にあうケースがほとんどです。ここでは、どういった時にそういう被害に遭うかをご紹介いたします。

スキミング

スキミングとは、スキマーと呼ばれる特殊な装置でクレジットカードの磁気情報を盗み取り、偽造カードを作成する犯罪手口のことをいいます。

スキミング

スキミング被害は、ATMなどにスキマーが仕掛けられて磁気情報を盗み取るといった手口のため、盗難などと違い被害に気付きにくいのが特長です。

利用代金明細書などで定期的に利用履歴を確認することが、早期発見につながります。

車上狙い

車上狙い(しゃじょうねらい)とは、駐車中の自動車からピッキングなどによりドアを開け、クレジットカードやETCカード、現金・貴重品などを盗み取る手口のことをいいます。

車上狙い

貴重品はしっかり持っていても、ETC車載器に入れていたETCカードが盗まれたというケースもありますので注意しましょう。

利用代金明細書などで定期的に利用履歴を確認することが、早期発見につながります。

仮睡盗

仮睡盗(かすいとう)とは、眠っている人から貴重品や鞄などを盗み取るスリの手口の一つのことをいいます。

仮睡盗

泥酔して電車内や駅のベンチで眠り込んでいる人を狙って、上着やカバンから貴重品を盗んで不正に使用されるケースがほとんどです。特に年末年始や花見シーズン、忘年会などお酒を飲む機会が増える時期は十分に気を付けましょう。

深酒を控えるのが一番ですが、万が一、泥酔して気付いたら知らない場所にいた場合は、すぐに貴重品を確認してください。

安心のセキュリティサービスを活用する

カード会社が利用シーンに合わせた、様々な「セキュリティサービス」を用意しているのをご存知ですか。安心・安全にクレジットカードを利用するには、こうしたサービスをしっかり活用することが大切です。

本人認証サービス

本人認証サービスとは、オンラインショップでクレジットカードを利用する際に、会員本人にしか分からない「本人認証パスワード」を入力しないと支払手続が完了しないシステムのことをいいます。

こうすることで、クレジットカード情報の盗用による「なりすまし」などの不正利用を未然に防止することができますので、より安全なインターネットショッピングができます。

カード偽造防止ICチップ

ICクレジットカードとは、IC(Integrated Circuit)チップを搭載したクレジットカードのことをいいます。

従来の磁気カードと比べ記憶容量が多く、クレジットカード情報を高度に暗号化して保存しているため、クレジットカードの偽造や解析が極めて難しくなり、セキュリティ機能が非常に高いのが特長です。

ICクレジットカードを利用する際は、従来のようなサインではなく暗証番号入力になるので、安全性だけでなく利便性が高いという利点もあります。

カード利用お知らせメール

クレジットカードを利用すると、メールで利用状況を知らせてくれるサービスです。万が一の不正利用も早期発見できるので安心です。

カード不正使用検知システム

24時間365日クレジットカードのモニタリング(不審カード利用チェック)を行っているサービスです。ほとんどのカード会社で「カード不正使用検知システム」が導入されています。

これにより、カード番号の悪用、紛失盗難カードや偽造カードの不正利用を未然に防止することができ、不審な点があればすぐに確認の連絡がはいります。クレジットカード再発行までスムーズに行えるので、万が一のときには大変嬉しいサービスです。