クレジットカード審査に重要な「3C」とは

最終更新日:

クレジットカードの審査に通るために必要な3つの観点から「3C」と呼ばれるものがあります。
一般的に3Cとは、以下の3つを表しています。

  • Capacity(資力)
  • Character(性格)
  • Capital(資産)

入会申込書やクレジットヒストリー(クレヒス)を参考に、上記3つの観点から「あなたが信用のある人なのかどうか」「クレジットカードを発行しても問題ないか」を判断しています。

Capacity(返済能力)

3Cのなかで最も重要な項目といわれているのが「返済能力」です。クレジットカードは、利用者が返済できないときにカード会社が支払うことになるため、返済能力のない人は「リスク」となります。

Capacityに属する主な項目は、年齢・職業・雇用形態・年収・勤続年数・借入額です。カード会社によっては1つでも基準に達していないと足切り(即審査落ち)するケースもあります。

クレジットカードの同時多数申込みは「お金に困っていて、何でもいいからクレジットカードが欲しい」と判断される一面があります。多重申込みをする人は、多くのクレジットカードすべて限度額まで使用して自己破産するケースが多いため敬遠されがちなのです。申込みは1枚ずつにしましょう。


足切りにならないための方法


  • 「過去の支払状況」に延滞がないようにしましょう。
  • 信用情報機関で、直近2年分の入金情報を確認しましょう。約定日通りに請求額の入金があった場合「$」、入金がない場合「A」、請求額の一部のみ入金した場合「P」と記録されます。直近2年以内に延滞している場合は、評価が下がります。
  • 約定日通りに請求額の入金があった場合「$」、入金がない場合「A」、請求額の一部のみ入金した場合「P」と記録されます。
  • お金に困っていると判断されることは審査で不利になりやすくなります。借入状況が多いと評価が下がりやすいので注意しましょう。
  • 審査難易度が低いといわれている消費者金融系カードを選ぶのもポイントです。
  • キャッシング枠を希望する場合、借入総額が年収の3分の1までに制限される「総量規制」というものがあります。
  • 希望限度額が50万円を超える、もしくは希望限度額と他社の利用限度額の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類の提出」が必要になります。
  • 書類提出ができない、もしくは既に総量規制に達している場合は審査に落ちる原因となります。
  • 審査が不安な人は、キャッシング枠を設けない、もしくは総量規制を考慮した限度額に設定すると良いでしょう。
Character(本人の性格)

返済日に遅れることなくきちんと返済をしてくれるかを判断している項目です。当然ですが、過去に延滞したことのある人や不払いなどの経験がある人は審査で不利になります。

これらの情報は個人信用情報機関へ照会を行い、クレジットカードやカードローン、ショッピングローンなどの利用履歴(クレジットヒストリー/クレヒス)を照会します。その際に、事故情報(異動情報)があると「Characterに難あり」と判断され、審査落ちとなりやすくなります。

Capital(資産、財産)

住居形態(持ち家・賃貸)や居住年数などを評価の対象としている項目です。

Capitalの属する項目は、住居年数・住居種類です。住居年数が長く、本人所有の持ち家だと評価が高くなります。ただし、近年ではあまり重視されてないともいわれています。