クレジットカードの付帯保険は家族も使える?

公開日:

お手持ちのクレジットカードに「家族特約あり」の記載があれば適用されます。適用される範囲として「本会員と生計をともにする家族で配偶者・親・満19歳未満の子供」というのが一般的です。

もっと解説すると

家族特約とは

クレジットカードに付帯している家族特約とは、クレジットカードの契約者本人のほかに、契約者の家族に対しても各種保険が適用される特約のことをいいます。この家族特約が付帯しているカードであれば、海外旅行などの保険が適用されるため非常に安心できお得です。

保険適用額について

本会員が所有しているクレジットカードのグレードによって保険の適用額が変わってくる傾向があります。簡単にいうと、年会費無料の家族特約付帯の保険であれば「本会員300万、家族特約200万」といったように補償金額が下がる場合がほとんどです。逆に、年会費がかかるゴールドカードなどでは、本会員と同等の金額が設定されるケースが多くなります。各種クレジットカードによって、ここらへんの設定はまちまちですので必ず確認するようにしましょう。

家族特約の適用範囲

基本的には「生計をともにする、配偶者・親・満19歳未満の子供」であれば、ほぼ適用されます。つまり成人した(もしくは成人に近い)子供に対しては適用外となる場合がほとんどです。18歳未満・19歳未満といった成人に近い子供に対する適用範囲はカードによって変わってくるため、成人となる家族がいる場合はあらかじめ調べておく必要があるでしょう。