家族カードを発行するのに審査はありますか?

公開日:

家族カードを発行する際には審査があります。といっても、審査対象は申込者(家族)ではなく、クレジットカード契約者である本人会員になります。申込者に対しては、名前や生年月日といった本人確認情報のみで、年収や勤務先などの属性審査はありません。

もっと解説すると・・・

家族カードとは

家族会員カード」や「ファミリーカード」とも呼ばれ、クレジットカード契約者である本人会員の家族に対してのみ発行できるクレジットカードのことを言います。

クレジットカードによって多少の差はありますが、一般的には本人会員のクレジットカードと同じサービスを利用できる家族用のクレジットカードです。


本人会員と同じ機能・特典・ポイントサービス

ほとんどの家族カードは、本人会員と同様のサービスを受けることができます。例えば、

  • ショッピング保険
  • 旅行保険
  • 空港ラウンジの無料利用サービス

など、本人会員に付帯している機能や特典は家族カードにも適用されます。

※カードによっては、付帯しないサービスもあるのでしっかり公式サイトで確認してください。


家族カードの発行対象は?

本会員と生計を共にする配偶者、18歳以上(高校生を除く)の子供、両親に対してのみ発行することができます。カードによっては、兄弟でも問題ないクレジットカード会社もありますので、各公式サイトでご確認ください。


家族カードの審査について

審査対象はクレジットカード契約者である本人会員になります。申込者に対しては、名前や生年月日といった本人確認情報のみで、年収や勤務先などの属性審査はありません。

その理由として、毎月の請求は本人会員の口座から一括引落としなので、返済能力を求められるのはクレジットカード契約者となるためです。


家族カードの年会費

ほとんどのクレジットカードで本人会員より安く、もしくは無料になるのが家族カードのメリットです。家族カードの年会費については、各クレジットカード公式サイトに記載されていますので、申し込み前には調べておくとよいでしょう。


名義人はどうなるのか?

家族カードの名義人は、それぞれのクレジットカードに対して個別に設定されます。


利用限度額はそれぞれに設定できる?

家族カードの利用限度額は、本人会員のクレジットカード利用限度額の範囲内で使うことになります。

例えば、本人会員の利用限度額が30万円の場合、それぞれのクレジットカードで30万円まで利用できるというわけではなく、合わせて30万円まで利用できるということになります。

また明細についても、本人会員の利用明細書にまとめて計上されるのが一般的です。


ポイントは合算

それぞれが貯めたポイントは、本人会員のポイントに集約されます。家族で協力してポイントを貯めることができるのが家族カードの特長です。


旅行保険は付帯される?

本人会員のクレジットカードに海外旅行保険が付帯されている場合、家族カードにも同様のサービスが付帯されるのが一般的です。

例えば、本人会員の「傷害死亡・後遺障害」が5,000万円なら家族会員も5,000万円。傷害・疾病治療費用が300万円なら300万円の補償が受けられます。

補償対象・限度額などはクレジットカードによって多少の差がありますので、詳しくは各クレジットカード公式サイトで確認してください。