クレジットカードの審査基準はどう決めてるの?

公開日:

クレジットカード審査の判断基準はカード会社によって異なりますが、一般的に「クレジットヒストリー」と「3C」が審査判断に大きく影響があると言われています。

もっと解説すると

クレジットヒストリーについて

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、クレジットカードの返済履歴のことです。
クレジットカードを利用してちゃんと返済しているかをカード会社は調べることができます。良好なクレジットヒストリーが作られていれば、この人は返済資質があるとみなされ有利になりますね。

クレジットヒストリーについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。


審査に大切な「3C」

クレジットカードの審査に通るために必要な3つの観点から「3C」と呼ばれるものがあります。
一般的に3Cとは、以下の3つを表しています。

  • Capacity(返済能力)
  • Character(性格)
  • Capital(資産)

上記3項目のなかでも1番大切だといわれているのが「Capacity(返済能力)」です。
返済能力とは、年収や雇用形態など「この人は返済する経済力が充分にあるか」という項目になります。

クレジットカードは、利用者が返済できないときにカード会社が支払うことになるので、返済能力のない人は「リスク」とみなされ警戒、つまり審査落ちの理由となります。

「3C」についてもっと詳しく知りたい方は、下記にまとめましたので参考にしてみてください。