どのようなセキュリティ対策がありますか?

最終更新日:

クレジットカードには、カード盗難保険や補償サービスがあります。
名称はクレジットカード会社によって異なりますが、大手クレジットカード会社のほとんどでセキュリティに関連した補償サービスが付帯されています。

もっと解説すると・・・

クレジットカード会社のセキュリティ対策

クレジットカード会社では、クレジットカードによる不正使用を未然に防止し、安心してクレジットカードを利用できるように様々な対策と取り組みが行われています。

不正使用検知システム

クレジットカード会員の利用履歴をリアルタイムで24時間体制でチェックするシステムです。これにより普段の利用と違った使い方をしたり、高額のショッピングをした場合に警告が入るようになっていて、クレジットカード所有者に対して実際に利用したかどうかを確認してくれます。

本人認証サービス

インターネットショッピングを利用する際に、クレジットカード所有者にしか知りえないパスワードを入力することで、購入者が本人であることを確認します。第三者によるクレジットカードの不正使用を防ぎ、安全にインターネットショッピングを利用できるサービスです。

ICチップ搭載クレジットカード

スキミングの防止対策としてICチップを搭載したクレジットカードがあります。
ICチップは、従来の磁気カードよりも高度なセキュリティ性能を持っているため、安全性に優れています。そのため従来の磁気カードに比べて偽造が困難になり、スキミングの防止対策として有効な手段となっています。


どのクレジットカードでも安全なのか

セキュリティ対策は、クレジットカード単体よりもクレジットカード会社がどれだけセキュリティ対策に重きをおいているかが大切になります。目安として、利用者の多い大手クレジットカード会社のほうがより多くの対策を講じているといえるでしょう。

セキュリティ面に不安を感じている人は、大手クレジットカード会社が発行するクレジットカードから始めることをおすすめします。


しっかりとした知識を身につける

一番大切なのは、被害に遭わないことです。
どういったケースで被害に遭うのか、しっかり理解して注意力を高める習慣を身につけましょう。クレジットカードの安全な利用方法を下記にまとめましたので、参考にしてみてください。