カードを紛失したらどうすればいいの?

公開日:

紛失または盗難に気付いた場合は、カード会社に連絡して紛失した経緯説明をして再発行をしてもらいましょう。盗難の場合は、かならず最寄りの警察にも連絡しましょう。

もっと解説すると・・・

まずはカード会社に連絡

クレジットカードを紛失したり、盗難の被害に遭った場合は、慌てずにカード会社に連絡しましょう。カード会社に紛失(盗難)の事実を伝えて、現在のクレジットカードの利用を停止してもらいます。

大手クレジットカード会社であれば国内・海外ともに、24時間年中無休で紛失・盗難の連絡を受け付けています。クレジットカードの利用が停止されれば、第三者によるキャッシング不正利用もできなくなりますので安心です。


盗難の場合は、最寄りの警察にも連絡を

紛失の原因が盗難であった場合、最寄りの警察に連絡をいれることも大切です。

カード会社はあくまでクレジットカードの利用停止および再発行手続きに関しての対応になりますので、被害に対する処置は警察に委ねましょう。


クレジットカードの利用停止と再発行手続き

カード会社に事情を説明すると、まずクレジットカードの利用停止になります。これにより、紛失または盗難に遭ったクレジットカードは使用できなくなり被害を最小限に抑えることができます。

クレジットカードが利用停止になったら、新しく再発行手続きをしてもらいます。カード会社により様々ですが、再発行の際に発行手数料がかかりますので確認しておきましょう。


再発行後にクレジットカードが見つかった場合

一度、紛失・盗難届けによってクレジットカードの再発行してしまったら、そのクレジットカードは利用できません。

以前のクレジットカードは裁断して破棄しましょう。使えないといっても、クレジットカードには磁気情報が含まれています。そのままゴミ箱には捨てずに、かならずハサミ等で裁断してから処分してください。


再発行後に確認しておくこと

クレジットカード紛失後に再発行した場合、クレジットカード番号が変更されます。
公共料金、携帯電話料金、プロバイダ利用料、新聞購読料、国民年金保険料など、毎月の利用料をクレジットカード払いにしているものは、クレジットカード番号変更手続きをする必要があります。


盗難被害に遭う前に

盗難被害に遭う前に、しっかりとした知識をもっておくと安心です。少しでも被害に遭う可能性を低くするためにもクレジットカードを安全に利用できるよう身につけておきましょう。下記に記事をまとめていますので、参考にしてみてください。