審査が甘いクレジットカードおすすめ5選

最終更新日:

審査基準が甘いクレジットカードの特徴をまとめつつ、おすすめクレカ5選をご紹介します。

収入が少なかったり、主婦やアルバイト、初めてクレジットカードを作りたい方でも気軽に申込みができます。将来ゴールドカードなどのプレミアムカードを所持したいなら尚更、クレジットカードの利用履歴(クレヒス)を積み上げることが大切です。

審査に落ちると「信用情報」に記録が残りますので、クレジットカードの入会審査に自信がない方は審査の申請基準が高い(難しい)クレジットカードの申込みは出来るかぎり避け、審査が甘いクレジットカードを選ぶようにしましょう。

知っておきたいポイント

審査が甘い」といっても、それは「誰でも審査に通りやすい」という意味ではありません。クレジットカード審査にはかならず「本人の属性」が深くかかわってきます。

そもそも、クレジットカードによって審査基準はさまざまです。収入が少なくてもクレジットヒストリーが良好なら問題なく審査に通るカードがあれば、年収が高く安定していても信用情報が傷ついているとカード発行を見合わせるカードもあります。

少しでも審査に通る可能性を上げるためには、自身の属性を理解し、クレジットカードの入会条件と照らし合わせることが大切です。

審査が甘いクレジットカード比較表

 セディナカード Jiyu!da!セディナカード楽天カードセゾンカードインターナショナルエポスカード
おすすめ度
カード名セディナカード Jiyu!da!セディナカード楽天カードセゾンカードインターナショナルエポスカード
初年度
年会費
無料無料無料無料無料
申込資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方18歳以上で日本在住の方18歳以上(高校生を除く)満18歳以上の方(高校生を除く)
発行
スピード
約1週間約3週間最短5営業日最短即日最短即日
海外旅行
傷害保険
(死亡・後遺傷害保険)
--2000万円-500万円
 公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

審査が甘いといわれる「流通系カード」

「審査に不安がある方は、審査が甘い流通系カードを選びましょう!」と聞いたことありませんか?

クレジットカードには大きく分けて、「消費者金融系」「流通系」「信販系」「銀行系」などがあります。
その中でも流通系カードというのは、生活に密着したコンビニやスーパー、大型モールなど毎日利用しやすい主婦層・若年層をターゲットにしたクレジットカードを指します。

代表的なカードとしては、「セディナカード Jiyu!da!」や「セゾンカードインターナショナル」などが人気のカードです。

もっと流通系カードについて知りたい方は下記にまとめましたので参考にしてみてください。

クレジットカード審査が甘いランキング

セディナカード Jiyu!da!

セディナカード Jiyu!da!
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • 年会費無料!自由に支払い金額が選べる!
  • ダイエー・イオン、セブン-イレブン等でポイントアップ!
おすすめ度
年会費無料
申込資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
キャンペーン中

セディナカード Jiyu!da!は、新規入会キャンペーンで大量ポイントが獲得ができる機会が多いため、利用者拡大に力を入れていることが分かります。一般的に審査が甘いといわれている「流通系カード」なので、満18歳以上なら学生(高校生は除く)・パート・アルバイト・フリーターなど幅広いユーザーが申込み可能です。つまり、このクレジットカードはターゲットが広く、クレジットカード初心者や年収の低い方でも審査に通りやすい傾向があり、人気が高い超狙い目のクレジットカードといえるでしょう。オススメです!

クレジットカードを選ぶなら審査が甘いこのカードがおすすめ!

公式サイトをみる

セディナカード

セディナカード
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • 加入後、3ヵ月間はポイント3倍!
  • 年会費無料!家族カードも無料!
  • セブン-イレブンなどでポイント1.5%還元!
おすすめ度
年会費無料
申込資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方

セディナカードは、セディナのプロパーカードの中でも昔からある歴史の長いクレジットカードです。本会員だけでなく、家族会員も年会費無料です。ネットショッピングするだけでポイント最大20倍になる超おトクなモールに、安心のショッピング保険まで付いています。高校生を除く18歳以上から申込み可能で、幅広く利用者を獲得し、一般的に審査が甘いといわれている「流通系カード」なので、狙い目のおすすめクレジットカードです。

公式サイトをみる

楽天カード

楽天カード
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • 作るだけでお得!使ってもお得!
  • 楽天市場の利用者には欠かせない一枚!
おすすめ度
年会費無料
申込資格18歳以上で日本在住の方

楽天カードは、お買いものパンダのCMでもおなじみのクレジットカードですね。ここ数年で利用者数を相当伸ばしている人気カードです。年会費が永年無料なのはもちろんですが、楽天市場など楽天利用者には大変ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。つまり、楽天コンテンツを日常から利用している人に審査が甘い傾向と言っても過言ではないでしょう。また、高校生を除く18歳以上の方なら申込みが可能です。新規入会キャンペーンも頻繁に行っているので、ターゲットも幅広く、楽天コンテンツ利用者なら所持していたいおすすめのクレジットカードです。

公式サイトをみる

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • ショッピングでもキャッシングでも使いやすい!
  • 日本で最も身近なカード!
  • 最短即日発行で、専業主婦や学生でも手に入れやすい!
おすすめ度
年会費無料
申込資格18歳以上(高校生を除く)

セゾンカードインターナショナルは、18歳以上であれば審査申込みができるので、学生・若年層をターゲットにしたクレジットカードといえます。年会費無料で、発行スピードが速いのも強みですね。また、ショッピングでもキャッシングでも使いやすく、SEIYUやセゾン系列でお買い物をする主婦の方にもおススメです。幅広く利用者獲得をしている「流通系カード」なので、審査が甘いイチ押しクレジットカードです。

公式サイトをみる

エポスカード

エポスカード
  • VISA
  • 全国10,000店舗以上で優待・割引!
  • 年会費無料で、海外旅行保険も自動付帯!
おすすめ度
年会費無料
申込資格満18歳以上の方(高校生を除く)

エポスカードは、年会費無料のマルイのクレジットカードです。カラオケ、居酒屋、レストラン、アミューズメントパークなど計7000店舗以上の優待サービスが受けられます。一般的に審査が甘いといわれている「流通系カード」ですので、過去に延滞や事故歴がなければ審査に通りやすいカードといえるでしょう。

公式サイトをみる

審査に通らない人の特徴

一般的に「審査が甘い」といわれているクレジットカードに申し込んでるにもかかわらず、審査に落ちまくってる人の特徴をまとめると、

  • 収入が低い(収入がない)から、虚偽の申告をした
  • とにかく手あたり次第に申込みをした
  • クレヒスが汚い(延滞や事故歴がある)
  • お金に困っている

という場合がほとんどです。
もしあなたが上記項目に当てはまるようでしたら、申し込む前に改善していく必要があります。

収入が低くても、収入がなくても、虚偽申告は絶対NGです。
入会条件が「配偶者に安定した収入がある方」であれば、収入のない学生や専業主婦のような方でも審査に通ります。入会条件が「安定した収入がある方」であれば、年収100万円程度でも審査に通ることは可能です。

次に、同時期に複数のクレジットカード申し込みは避けるべきです。まず、審査に落ちると信用情報機関に記録が残ります。最後の申し込みから6ヶ月間は残りますので、その期間中に別のカードに申込みをしても「他社が何かしらの状況で審査に通さなかった」と警戒され、落ちやすい傾向になります。

年収が低くても審査に通過するコツ

カードによっては、専業主婦や学生に申込資格がないクレカもありますので、まずは公式サイトに記載されている申込資格が「18歳以上で電話連絡が可能な方」といった条件がゆるいカードを探しましょう。

本記事でも紹介しているような「セディナカード Jiyu!da!」や「セゾンカードインターナショナル」などが代表的な審査が甘いカードです。

年収が低くてクレジットカード選びが不安な方は、下記に詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

審査に落ちないためのアドバイス

クレジットカード選びを慎重に進めたのにも関わらず審査に落ちる方は大勢います。その原因は記入ミスであったり、申し込み条件に合っていなかったりと凡ミスの場合が多いのです。まずは下記に要点をまとめましたので、しっかり準備をしてから挑みましょう!

申込み条件をしっかり確認すること

クレジットカードにはかならず「申込み条件」があります。
対象者を制限することで、そのカードの利用率を上げ、無駄なく利用者を確保するためです。

一般的に「審査が甘い」といわれているクレジットカードの申込条件とは、
高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」のようなターゲットが広いものになります。まずは、申し込む前にあなたが選んだクレジットカードの申し込み条件を必ずチェックするようにしてください。

クレジットカードの申込条件はカードによって様々なので、必ず自分が条件に当てはまっているかを確認することが大切です。

記入ミスをしないこと

審査に落ちる人が一番やっちゃう凡ミスが「申し込み内容の不備」です。
申込方法には「オンライン申し込み」や「郵送」などがありますが、こういった申込書にはもれなく「必要事項を記載」と明記されています。

提出した申込内容に誤りがあった時点で、カード会社からすれば正しい情報を確認できないということで審査がストップしてしまいます。

よくあるケースが、メールアドレス・電話番号などの連絡先の誤表記や無記入です。これをやってしまうとカード会社は確認する手段がなくなるので自動的に審査落ちが決定してしまいますね。これは1番やってはいけないパターンです。

また、カード会社から情報確認をするために連絡がくることがあります。その連絡を無視した場合も審査には通りませんので注意しましょう。万が一、電話にでれなかったときは折り返せば問題ありません。

これは気をつけるしかない話ですが、文字が汚くて読めない場合も審査落ちの要因となり得ますので、丁寧に書くと良いでしょう。申込書に空欄が多いのも審査に落ちる大きな要因になります。

申込み内容に不備をつくらないために、下記をチェックしましょう。

  1. 申込み内容に間違いがないか、しっかく確認すること。
  2. 審査を担当する人が読める字で書くこと(ネット申し込みが良い)
  3. 個人情報であってもできる限り正確に記入項目を埋めること。
  4. 虚偽申告は絶対しないこと。

キャッシング枠はつけないようにする

キャッシング枠を0円で申し込んでみましょう。簡単にできて効果的も高いおすすめの方法です。これは「総量規制」というものがあり、その関係でキャッシング枠があると審査が厳しくなる傾向があります。

現在、借り入れがある方(住宅ローンや奨学金などは除く)は、年収の1/3以下のキャッシングしかできません。超えるとその時点で審査落ちになりますので注意が必要です。

キャッシング枠を大きくすると審査が甘いカードでも充分に落ちる可能性となりますので、審査が不安な方は低めに設定すると良いでしょう。どうしてもキャッシング枠を付けたいのであれば「10万円」以下にすることをオススメします。