クレジットカードの審査基準を徹底解説!審査に甘いクレジットカードとは?

最終更新日:

クレジットカードを作りたいけれど、心配になるのは審査ですよね。何度か落ちてしまった人や収入などに不安がある人は多く、クレジットカードのことをきちんと理解していないために審査落ちの回数を重ねてしまいます。

審査に落ちた履歴は残るので、クレジットカードでの審査基準などを理解しておくことが大切です。

そこで気になるのが「審査の甘いクレジットカード」です。この記事では、クレジットカードの審査基準や審査を通るポイント、審査の甘いクレジットカードなどを徹底解説していきます。

審査が不安なあなたでも通りやすいおすすめのクレジットカードもご紹介していますので、あなたもクレジットカードの審査のことをきちんと理解し、自身を持って審査に臨みましょう。


クレジットカードで審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査には、基本的な基準や条件があり、条件を満たしていないと落ちる場合が多いです。また、クレジットカードの審査は信用あってのものなので、信用問題に関わると難しいと思った方がよいでしょう。以下は基本的に審査で落ちる場合です。

1.申込フォームの記載内容にミスがある、もしくは虚偽がある

クレジットカードの審査において、「虚実」は最もありがちで落ちる場合が多いです。審査は信用問題であるため、ウソ偽りは必ず落とされます。

ただ、このケースが多いというのは名前や住所などを間違えている場合がほとんどだからです。記載ミスも事実とは異なるため、虚実と判断されてしまうからです。

2.返済する能力がないとみなされる

これは一概に言えることではないですが、専業主婦やフリーターなど一定収入がない場合などがほとんどです。もちろん、アルバイトであっても一定の収入があれば審査は通る場合もありますし、専業主婦でも旦那さんの収入があれば問題ありません。

3.スコアを満たしていない

クレジットカードの審査には、スコアリングと呼ばれる採点システムがあります。スコアリングは申込者の個人情報に点数をつけ、一定の点数(スコア)以上になれば審査に通るといった仕組みです。

しかし、スコアリングはカード会社やクレジットカードの種類によって異なるため、あるクレジットカードの審査に落ちたとしても、他のクレジットカードの審査では通るといった場合もあるということを覚えておきましょう。

4.信用情報機関に問題がある

信用情報機関とは、「個人の信用情報」を保有する機関であり、クレジットカードの審査において、「信用情報機関」は切っても切れない存在です。

客観的に契約者の情報を見ている機関のことで、信用できる人かどうかを判断しています。

クレジットカード会社は審査でココを見ている!

クレジットカード審査の判断基準として、一般的に「3C」と「クレジットヒストリー」が審査に大きく影響があると言われています。

「3C」とは、3つの言葉の頭文字を並べたもので、Capacity(返済能力)・Character(性格)・Capital(資産)の3つを表しています。

中でも最も大切であるといわれるのが「Capacity(返済能力)」で、年収や雇用形態などの「この人は返済する経済力があるか」という項目です。クレジットカードは、利用者が返済できないにカード会社が支払うことになるので、返済できない人はリスクと見なされ、審査落ちの理由になりやすいのです。

ただ、クレジットカードの審査において「年収」などは自己申告となるため、源泉徴収などの提出はありません。審査ではあくまでその人の情報から平均年収を把握するので、少しくらいなら多めに記載しても大丈夫です。ただ、あまりかけ離れた年収や虚実は絶対にダメです!

仮に提出を求められることがあるのは、キャッシング枠に大きな額を記載していた場合です。審査に不安がある人は、キャッシング枠を0円にして申込めば通りやすくなります。キャッシング枠は後から変更できるので、審査に通ってからキャッシング枠を申し込みましょう。

審査落ちすることでのデメリット

クレジットカードを作る際に心配になるのが「審査落ち」ですよね。

一度クレジットカードの審査に落ちてしまうとクレジットヒストリーとして履歴が残り、信用情報として記録が残ってしまいます。記録が残ると他のクレジットカードでも審査落ちしやすくなるため、さらにクレジットカードが作りづらくなってしまいます。

そのため、初めてクレジットカードを作る場合や審査を通る自身がない場合は、審査が厳しいと言われる「消費者金融系」や「銀行系」、申請基準が高いと言われるクレジットカードの申込はまず避けます。

まずは審査が甘い・通りやすいと言われるクレジットカードを作ることで、自分の望むクレジットカードを作る土台を作っていきましょう!もちろん、審査に落ちたことがある人も二度とクレジットカードが作れない訳ではなく、もしかしたら審査基準の高いクレジットカードに申し込んでいたかもしれません。

「JCB/MasterCard/VISA」で審査の違いはある?

クレジットカードを作るときに迷うのが、クレジットカードで利用するブランド(VISA/JCB/MasterCard)です。この国際ブランドによって審査の難易度・通りやすさが変わるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

そもそも「VISA/JCB/MasterCard」の違いを理解していない人も多いので、まずはそれぞれのブランドの違いを知っておきましょう。

VISA VISAVISA(ビザ)は、日本国内・世界中で利用できる最もメジャーなブランドです。利用している人が世界中で最も多く、海外でも利用することがあるならVISAを作っておけば間違いはないでしょう。
JCB JCBJCB(ジェーシービー)は、日本で生まれた国際ブランドで、日本国内の加盟店はダントツで多いです。つまり、日本国内の田舎やクレジットカードに対応しているお店でも「JCBのみ」のところが多いです。海外でも日本人がよく行く店はJCBが多いです。
マスターカード マスターカードMasterCard(マスターカード)は、VISAに次ぐNo.2世界ブランドで、特にヨーロッパ地方に強いです。もちろん日本国内でも普通に使えますし、加盟店もVISA同様にあります。

違いを理解した上で審査の難易度ですが、明確に難易度の差はありません。厳密に言えば、審査の難易度(甘い・厳しい)は、クレジットカード会社の審査基準になります。

そのため、どの国際ブランドでクレジットカードを作るかではなく、どこの会社でクレジットカードを作るかで審査の難易度に違いがあります。そのため、審査の甘いクレジットカードを望むのであれば、作るカード会社をよく精査したほうがよいでしょう。

審査が甘いクレジットカードは本当にあるの?

一般的にクレジットカードには、審査が甘いクレジットカード審査が厳しいクレジットカードがあると言われています。それにはきちんと理由があるので、しっかりクレジットカードの特性を理解しておきましょう!

クレジットカードによって審査基準が違う?

基本的にはクレジットカードの審査というのは、申請者が申込書に記載した内容(年齢、勤務先、勤続年数、年収、移住年数など)に点数をつけるクレジットカード独自の審査があります。また、個人情報を管理する機関による支払い履歴や借り入れの状況(クレジットヒストリー:通称クレヒス)を審査として設けています。つまり「信用度」ですね。

これら審査基準はクレジットカードの審査として基本的な部分となりますが、クレジットカード会社・種類などで求めるターゲット層が異なるため、審査基準が異なってくるのです。

クレジットカードの審査に「甘い・厳しい」と言われているのは、そのクレジットカードを利用してほしいターゲット層が年収や位を意識していたり、逆に普段の生活でより多くの人に利用してほしいため一般の人をターゲットにしているからなんですね。そのため、当然審査基準となる申込基準の間口も異なります。

「流通系」カードは審査が甘い

クレジットカードの審査に不安がある人などに、「審査が通りやすい流通系カードを選ぼう!」という話を聞いたことはありませんか。

クレジットカードには大きく分けて、「消費者金融系」「流通系」「通信系」「銀行系」の4つのタイプがあります。「消費者金融系」や「銀行系」はその名の通り、金融機関関係が発行するカードで「安心・信頼」という意味でも審査が厳しいカードになります。

一方「流通系」と呼ばれるクレジットカードは、スーパーやコンビニ、ショッピングモールやデパートなどの「流通」に関する会社が発行しているクレジットカードになります。

「流通系」カードは、ショッピングなど普段の生活で活用することを目的に作られているため、ターゲット層を広く設定しているためです。所得の低いユーザーや主婦・学生などをターゲットにしているため、審査のハードルが低く、一般的に「審査が甘い」と言われています。

クレジットカード会社が何を重視しているかが重要!

クレジットカードによって審査が甘い・厳しいというのは、つまるところ作りたいクレジットカード会社が何を重視しているかが問題です。

先ほども解説したように、クレジットカード会社によって狙うターゲット層が違います。例え年収が高くても、あまりそのカードを使わないような人が落ち、年収が低くても主婦や学生などそのカードを日常でたくさん使ってくれるような人が通る場合もあります。

クレジットカードの審査を通るためには、そのクレジットカード会社の個性を理解して申し込むことが、クレジットカード取得のコツでもあるのです。

審査が甘いおすすめのクレジットカードランキング!

セディナカード Jiyu!da!

セディナカード Jiyu!da!
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • 年会費無料!自由に支払い金額が選べる!
  • ダイエー・イオン、セブン-イレブン等でポイントアップ!
年会費無料
申込資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
キャンペーン中

セディナカード Jiyu!da!は、新規入会キャンペーンで大量ポイントが獲得ができる機会が多いため、利用者拡大に力を入れていることが分かります。一般的に審査が甘いといわれている「流通系カード」なので、満18歳以上なら学生(高校生は除く)・パート・アルバイト・フリーターなど幅広いユーザーが申込み可能です。つまり、このクレジットカードはターゲットが広く、クレジットカード初心者や年収の低い方でも審査に通りやすい傾向があり、人気が高い超狙い目のクレジットカードといえるでしょう。オススメです!


セディナカード

セディナカード
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • 加入後、3ヵ月間はポイント3倍!
  • 年会費無料!家族カードも無料!
  • セブン-イレブンなどでポイント1.5%還元!
年会費無料
申込資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方

セディナカードは、セディナのプロパーカードの中でも昔からある歴史の長いクレジットカードです。本会員だけでなく、家族会員も年会費無料です。ネットショッピングするだけでポイント最大20倍になる超おトクなモールに、安心のショッピング保険まで付いています。高校生を除く18歳以上から申込み可能で、幅広く利用者を獲得し、一般的に審査が甘いといわれている「流通系カード」なので、狙い目のおすすめクレジットカードです。


エポスカード

エポスカード
  • VISA
  • 全国10,000店舗以上で優待・割引!
  • 年会費無料で、海外旅行保険も自動付帯!
年会費無料
申込資格満18歳以上の方(高校生を除く)

エポスカードは、年会費無料のマルイのクレジットカードです。カラオケ、居酒屋、レストラン、アミューズメントパークなど計7000店舗以上の優待サービスが受けられます。一般的に審査が甘いといわれている「流通系カード」ですので、過去に延滞や事故歴がなければ審査に通りやすいカードといえるでしょう。


楽天カード

楽天カード
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • 作るだけでお得!使ってもお得!
  • 楽天市場の利用者には欠かせない一枚!
年会費無料
申込資格18歳以上で日本在住の方

楽天カードは、お買いものパンダのCMでもおなじみのクレジットカードですね。ここ数年で利用者数を相当伸ばしている人気カードです。年会費が永年無料なのはもちろんですが、楽天市場など楽天利用者には大変ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。つまり、楽天コンテンツを日常から利用している人に審査が甘い傾向と言っても過言ではないでしょう。また、高校生を除く18歳以上の方なら申込みが可能です。新規入会キャンペーンも頻繁に行っているので、ターゲットも幅広く、楽天コンテンツ利用者なら所持していたいおすすめのクレジットカードです。


セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • ショッピングでもキャッシングでも使いやすい!
  • 日本で最も身近なカード!
  • 最短即日発行で、専業主婦や学生でも手に入れやすい!
年会費無料
申込資格18歳以上(高校生を除く)

セゾンカードインターナショナルは、18歳以上であれば審査申込みができるので、学生・若年層をターゲットにしたクレジットカードといえます。年会費無料で、発行スピードが速いのも強みですね。また、ショッピングでもキャッシングでも使いやすく、SEIYUやセゾン系列でお買い物をする主婦の方にもおススメです。

幅広く利用者獲得をしている「流通系カード」なので、審査が甘いイチ押しクレジットカードです。


イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • 毎月20日・30日はイオングループ各店舗で代金が5%割引!
  • 55歳以上なら毎月15日も5%割引!
年会費無料
申込資格18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方

イオンカード(WAON一体型)は、スーパー・コンビニ系のクレジットカードの中でも主婦の方に人気です。対象のイオン系列店などでお得に利用できるので、使いやすいカードとして親しまれています。イオングループをよく利用してくれそうな主婦層や高齢者をターゲットにしている流通系クレジットカードで、高校生を除いた18歳以上で電話連絡が可能であれば入会審査基準もクリアできますので、審査が甘いクレジットカードとしておすすめしたい1枚です。


JALカード

JALカード
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • ボーナスマイル・ショッピングマイルなど「マイル」がたまりやすいカード!
  • 入会や搭乗時にボーナスマイルが加算!
年会費無料
申込資格18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方

JALカードは、審査申込み基準が提携ブランドによって若干の違いがあるものの、18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方であれば申し込みが可能ですので、パート、アルバイト、専業主婦の方でも申し込みしやすいクレジットカードです。航空系カードで審査基準の甘いクレジットカードをお探しならJALカードで決まりです。

一番審査が通りやすいクレジットカードは?

セディナカード Jiyu!da!

セディナカード Jiyu!da!
  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • 年会費無料!自由に支払い方法が選べる!
  • 申込資格は「18歳以上で電話連絡が可能な方」のみ!
  • 貯まったポイントで商品券や他社ポイント/マイルと交換可能!
  • 劇場やミュージカル・コンサートのチケットが特別優待で手に入る!
  • セディナ独自の経路で一般サイトよりも当選確率が高い!
年会費無料
申込資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
キャンペーン中

セディナカード Jiyu!da!は、新規入会キャンペーンで大量ポイントが獲得ができる機会が多いため、利用者拡大に力を入れていることが分かります。一般的に審査が甘いといわれている「流通系カードなので、満18歳以上なら学生(高校生は除く)・パート・アルバイト・フリーターなど幅広いユーザーが申込み可能です。つまり、このクレジットカードはターゲットが広く、クレジットカード初心者や年収の低い方でも審査に通りやすい傾向があり、人気が高い超狙い目のクレジットカードといえるでしょう。おすすめです!


セディナカードは審査に通りやすい

クレジットカードの中でも、セディナカードは審査に通りやすいと言われる理由をご存知でしょうか。ネット上でも「セディナカードの審査は甘い」といった記事やコメントは多く見られます。

というのも、セディナカードは人気/知名度が高く、通常のターゲット層を絞った「○○を利用するならおトク」と違い、幅広いニーズ・目的に合わせたサービスを設けています。そのためターゲットとしている層が広く、審査が通る基準に当てはまるユーザーが増えることで、審査のハードルが下がっているのです。

審査が甘いと言われる「流通系カード」

「セディナカード Jiyu!da!」は、クレジットカードの中でも審査が甘く通りやすいと言われる「流通系カード」です。

流通系カードはより多くの人に使ってもらいたい・普段の生活でどれだけ使ってくれるかを重視するカードのため、買い物を多くする主婦や学生にも審査が甘めで作りやすいと人気があります。

セディナの審査は独自システム「IBIS」

セディナカードでは、他者とは異なる独自審査システム「IBIS」を審査基準としています。

「IBIS」の審査では、支払いの安定性よりも、セディナカードの利用の可能性が高いかを重視しています。そのため、他者のクレジットカード審査で「支払い能力なし」と判断されても、「IBIS」が優良顧客やよくカードを使ってくれる人と判断すれば審査が通ります。

逆に他者で「支払い能力あり」と判断されていても、「IBIS」で「この人はセディナカードを使わない」と判断されれば、審査に落ちることがあるのです。 つまり、セディナカードの求める人物像に当てはまる活用を心がけると、より一層審査には通りやすくなります。

クレジットカードの審査を通るコツ!

審査に通らない理由をクリアに!

審査が甘いクレジットカードに申し込んでいても、審査に落ちる人は同じような特徴があります。以下に当てはまる場合は、申し込む前に改善しておきましょう。

  • 収入が低いので虚実申告をした
  • 手当たり次第に申込みをした
  • 延滞や事故歴がある
  • お金に困っている雰囲気全開

クレジットカードの審査において、収入面は一番の心配ですよね。しかし、審査を通すために嘘偽りを申告してしまうことは絶対にNGです。虚実の申告が判明すれば、今後ブラックリストに載りクレジットカードが作れない可能性も出てきてしまいます。

主婦や学生を対象にしたクレジットカードがあるように、「18歳以上で電話連絡が可能な方」といった、収入がなくても条件を満たしていれば審査に通るクレジットカードもあります。

また、同時に複数のクレジットカード申込みは、審査機関に記録が残るため、警戒されて審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

きちんとクレジットカードの審査基準や特性を理解し、あなたにとって審査が甘いクレジットカードを申し込むようにしましょう。